視界が狭く感じたら|眼瞼下垂は治療で完治|恥ずかしいが払拭される
女性

眼瞼下垂は治療で完治|恥ずかしいが払拭される

視界が狭く感じたら

医師

肩こりや頭痛の原因にも

何だか以前よりも視界が狭く感じるようになってしまい、目の前が見えづらいと思ったらそれは眼瞼下垂が原因であることがあります。眼瞼下垂は上まぶたが垂れ下がることで視界が遮られてしまう病気であり、長年コンタクトを使用し続けている人や高齢者などに見られる病気です。放置していると視界が遮られるだけではなく、視野を広げようと不自然な見かたをするようになってしまうために肩こりや頭痛の原因となってしまうこともあります。更に悪化してしまうと吐き気やめまいといった症状が現れることもあるので、以前より視界が狭く感じるようになったら一度病院で検査を受けることが大切です。治療はメスを使う方法や、今では切らずに行う治療法などもあります。

医師の技術も重要に

眼瞼下垂の治療法としては、最近では切らずに行うことが出来るとして埋没式挙筋短縮法が行われるようになっています。切らずに行えるということはそれだけ体への負担も少ないということになりますが、その際には眼瞼下垂手術の名医を選ぶことが大切です。様々なメリットが期待出来る埋没式挙筋短縮法ですが、その効果や仕上がりは医師の技術に左右されやすい特徴もあるのです。そのため、より確実な効果を得たいという場合には名医に行ってもらうのが良いのです。今はインターネットで在籍する医師や実績などを調べることが出来ますので、名医を探すこともそれほど難しくはありません。後で後悔しないためにも近いからといって病院を選ぶのではなく、名医の在籍する病院を選ぶことが大切です。