女の人たち

眼瞼下垂は治療で完治|恥ずかしいが払拭される

視界が狭く感じたら

医師

眼瞼下垂は放置しておくと見えづらいだけではなく、頭痛や肩こりを引き起こすこともあるので早めの治療が必要です。切らずに行うことが出来るとして様々なメリットがある埋没式挙筋短縮法による眼瞼下垂の治療ですが、医師の技術によって効果や仕上がりに左右されやすいので名医に手術してもらうのが大切です。

詳しく読む

人気の施術法は

女性たち

美容クリニックで提供されているシワ治療では、シワの位置と種類によって、様々な施術が行なわれます。レーザーによる施術や有効成分の注入施術、外用薬を使用した治療など、種類は豊富です。特に人気が高いのが、ヒアルロン酸とボトックスを使用した施術で幹部に注入するだけのお手軽施術となっています。

詳しく読む

まぶたの開きを改善

鏡を見る女性

眼瞼挙筋の衰え

年をとると、体の随所の筋肉が衰えて、力の入りづらい状態になっていきます。足腰が弱るのはそのためですが、この老化現象は、目元の筋肉にも起こります。目の上には、まぶたの上げ下げをしている眼瞼挙筋という筋肉があるのですが、これが衰えて動きにくくなるのです。すると強い力を入れなければ、まぶたを開けることができなくなります。この状態を眼瞼下垂というのですが、眼瞼下垂は老化現象が進むにつれて悪化していきます。悪化すると、強い力を入れたとしても、まぶたがあまり動かなくなるのです。つまり、ほとんど目を閉じたような状態で日々を過ごすことになるわけです。生活しづらくなる上に、見た目も悪くなるので、眼瞼下垂に悩む人の多くが、美容外科でまぶたの開きを良くするための治療を受けています。

眼瞼挙筋をカット

眼瞼下垂の治療では、まずは眼瞼挙筋が短くカットされます。なぜなら眼瞼挙筋は衰えることで、使いすぎた輪ゴムのようにたるんで長くなるからです。したがって治療のためには、正常な長さになるまでカットする必要があるのです。カットすることで、まぶたと分断されてしまうので、これを縫合によって再度まぶたとつなげます。正確には、まぶたの内部にある瞼板という組織に、柔軟性のある細い縫合糸で縫い付けるのです。こういった治療により、まぶたは適度な力を入れるだけで開閉できるようになります。また、やや短めに眼瞼挙筋をカットすれば、眼瞼下垂になる前よりも、大きく目を開くことができるようになります。つまりこの治療では、眼瞼下垂を治しつつ、目元の魅力を高めることができるわけです。

注射だけで小顔になれる

注射する婦人

エラボトックスは、筋肉の過度な発達を原因とする顔のエラを解消する美容医療です。顎の筋肉を部分的に麻痺させる薬剤を注入することで、筋量を減らすことができます。多くの女性があこがれるスリムなフェイスラインを実現するのに役立ちます。

詳しく読む